ロスミンローヤルとタバコの関係

ロスミンローヤルとタバコの関係

 

タバコ1本で失われるビタミンCは、25mgと言われています。

 

25〜100mgと言う説もあるようです。

 

厚労省によれば、成人の所要量(必要量)は100mg/日となっていますが 喫煙者は500mg以上を摂取した方が良いといわれています。

 

レモン1個分のビタミンCは25mgという事ですので、レモン20個分以上のビタミンCという事ですね^^;

 

タバコはコラーゲン生成に必要なビタミンCを破壊してしまいます、ニコチンは血管を収縮させ血行を悪くします。

 

血行が悪くなると新陳代謝が悪くなり、真皮の働きが衰えて、シミしわたるみ、肌荒れの原因に!

 

しわたるみと喫煙タバコの害は、他にも一酸化炭素で酸素不足になりお肌がくすんだ色になってしまいます。

 

タバコの煙で皮脂腺が刺激され脂っぽいお肌に・・喫煙はいいところひとつもないですね!

 

私も長年やめられなかったタバコを止めましたーー;

 

見違えるほどお肌が変わってきますよ^^

 

ロスミンローヤルはサプリメントではなくお薬としてシミ、しわへの薬効が認められたお薬です。

 

ロスミンローヤルを飲み続けてうれしい事に 目の下のたるみしわが改善されました。

 

ゴルゴ線みたいで非常に気になっていました。

 

一度出来てしまったしわやたるみが消える事など整形以外考えられないですよね。

 

禁煙とロスミンローヤルで血行がよくなったおかげです。

 

ロスミンローヤルを飲んでも喫煙していたらシミしわへの効果は得られないと思います。

 

飲まないよりはましでしょうが・・、お肌と健康の為に 喫煙されている方はすぐに禁煙しましょう。

 

喫煙者程、ホットフラッシュなどの更年期症状が重くなるそうです。

 

私はタバコが吸いたくなったらビタミンCのど飴をなめたり、ビタミンC錠剤をかじったりして気を紛らわせ禁煙に成功しました^^

 

米国の研究チームがタバコが顔の老化に与える影響を実験研究したのは、米ケース・ウェスタン・リザーブ大学のチームで双子を比較した研究で確認し、形成外科の学会誌に公表したそうです。

 

実験は79組の双子で行われ喫煙者・非喫煙者の内訳は、45組が一人が喫煙者、もう一人が非喫煙者。

 

残り34組はみんなが喫煙者。

 

専門カメラマンが、それぞれの写真を撮影し、顔のパーツごとに比較したところ、双子を喫煙者と非喫煙者に分けた45組の双子では、喫煙者のほうが非喫煙者より老けて見える確率が57%、双子二人とも喫煙者であるグループでも、喫煙歴が長いほうが年上に見える確率が63%でした。

 

喫煙は、皮膚の血行を悪くしコラーゲンの生成を抑制、コラーゲンが減少する事で肌の奥行きを減らしてしまい、肌の弾力性が衰え、老化が早く訪れるます。

 

研究では、飲酒やストレス、日焼け止めの使用の有る無しなどの要素に大きな変化はないとの事。

 

ただ、生活環境や食生活の影響は明らかになっていないそうです。

 

 

page top