ロスミンローヤルって妊娠中にも飲める?

ロスミンローヤルって妊娠中にも飲める?

 

母体・赤ちゃんへの影響は全くなし

 

ロスミンローヤルは、副作用の危険性の最も低い第三類医薬品に分類されます。

 

血流を促進し肌のターンオーバーを促すため、母体や赤ちゃんに影響を及ぼす危険性は低いです。

 

強い成分が作用する美白ケア商品だと、その分副作用の危険性が高まってしまいます。

 

けれども体の内側からじっくりケアするロスミンローヤルは、妊娠中や授乳期でも安心して使用できます。

 

妊娠や授乳期の栄養補給としての役割も!

 

ロスミンローヤルは美白効果
だけでなく、栄養補給としての役割も期待できます。

 

ホルモンバランスが乱れてしまう妊娠や授乳期は、必然的に食欲不振になってしまいます。

 

けれども自分の栄養は赤ちゃんへの栄養にもなるため、栄養バランスが整った食事をしなければいけません。

 

そのような時に栄養補給ができます。

 

ロスミンローヤルには9種の生薬成分を含む22種類の成分が含まれているので、錠剤を飲むだけで、その日の体調に左右されず簡単栄養補給ができます。

 

使用のときは絶対担当医に相談しましょう

 

第三類医薬品なので副作用の危険性が低いですが、医薬品なので使用の前に絶対担当医に相談しましょう。

 

特に、薬でアレルギー症状を起こした経験のある人や、別の薬を服用している人は注意です。

 

第三類医薬品とは・・・服用する事で副作用や体調に影響があったとしても、普段生活に支障を来すには至らないレベルのものが区分される

 

ロスミンローヤルに付属している成分表を持っていくと、迅速に判断してもらえます。

 

過剰摂取は要注意

 

ロスミンローヤルの副作用を引き起こす可能性が過剰摂取です。

 

「朝飲み忘れたから夜まとめて飲もう」といった服用も過剰摂取となるので注意しましょう。

 

1回の容量を守って、正しい服用方法で安全に使用しましょう。

 

まとめ

 

ロスミンローヤルは妊娠中・授乳期でも安心して飲む事ができます。

 

血流を促進し肌のターンオーバーを正常に働きさせるため、安心して使用できます。

 

しかも、妊娠や授乳期の栄養補給としての役割もあるので、健康状態が不安定な時でも、しっかりと栄養を摂る事ができます。

 

医薬品なので、使用前には絶対担当医に相談しましょう。

 

ホルモンバランスが乱れがちな時でも、安全にケアする事ができます。

 

 

page top